HIV検査方法

通常検査と即日検査(迅速検査)の違い

保健所で行なっているHIV検査には「通常検査」と「即日検査(迅速検査)」があります。

 

通常検査とは

通常検査は、スクリーニング検査をおこない、スクリーニング検査で陽性の場合、引き続き確認検査をおこなう方法です。
そのため結果がわかるまで10日前後かかります。
検査日のほか、検査結果を聞く為に再度保健所に行くことになります。

 

即日検査(迅速検査)とは

即日検査はスクリーニング検査の1つでHIV検査を受けたその日に結果を知ることができます。「陰性」「陽性」「判定保留」の結果に分類され、ウインドウピリオド経過後の陰性であれば、感染の可能性はありません。

 

陽性かどうかの判定が付かない場合は「判定保留」となり、確認検査を行ないます。その場合は後日検査結果を受け取ります。

 

即日検査の結果は30分から1時間ほどでわかりますが、保健所によっては実施していない所もありますので確認してから出かけましょう。

 

関連記事
3ヶ月以内でもHIV検査を受ける意味はあるの?
HIV感染による初期の症状とは
HIVI型、HIVU型の違い
HIV第4世代抗原抗体検査

 

 

本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。
重複感染の多い3項目を検査
   HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎

タイプO(男女共通)はこちらから

HIV検査,検査方法,スクリーニング,通常検査,即日検査,迅速検査
STD 5項目をまとめて検査でひと安心
HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌

タイプE 男性用はこちらから

タイプE 女性用はこちらから

HIV検査,検査方法,スクリーニング,通常検査,即日検査,迅速検査

◆性病検査 STDチェッカー はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

 

信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※閲覧の多い記事です

関連ページ

HIVスクリーニング検査について
HIVスクリーニング検査は、HIVに感染している可能性があるかないかをふるい分ける最初の検査です。 あなたがHIV感染の不安を抱えていて検査を受ける場合、最初に受けるのがこのスクリーニング検査です。
NAT検査について
AT検査の可能な時期(タイミング)NAT検査は陽性と判定される「ウインドウ」期間が11日なので、危険行為から最短で12日目から検査可能です。
HIV第4世代抗原抗体検査
HIV第4世代抗原抗体検査は、HIV(エイズウイルス)感染早期から有効な検査方法です。感染の可能性のある日から30日を経過していれば検査可です。
HIV検査の流れ
HIV検査は、第一段階としてふるい分けのスクリーニング検査をおこないます。

性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?