HIV検査のタイミングと検査方法

HIV検査のタイミングと検査方法

HIVに感染したかも…

 

HIVに感染したかもしれない・・・
と不安に思っているでしたら、とりあえず検査を受けてみる事をおすすめします。

 

検査の時期(タイミング)が気になるかもしれませんが、たとえ早くても検査を受ける意味は充分にあります。

 

HIVスクリーニング検査は以前と比べると、ずいぶん早くから精度の高い検査ができるようになりました。

 

今主流のHIVスクリーニング検査は「第4世代のHIV抗原抗体検査」で、不安な行為から30日以降から検査が可能です。

 

ウインドウピリオド経過後に検査した場合で、「陰性」の結果が出ればHIVT型には感染していなかったということになります。

 

第4世代のHIV抗原抗体検査の場合、最短17目から「陽性」反応が出ます。

 

 

早めの検査でもメリットはある

30日を待たずに早めに検査を受けた場合でもメリットはあります。検査を受けた日から30日前までは感染していなかったということになり、感染経路やいつ感染したかを特定する手がかりになるからです。

 

もちろん早めに検査を受けた場合は、再度ウインドウ期経過後に、再検査を受ける必要がありますが、不安なままで過ごすよりも、一度検査を受けておくと、あなたの気持ちもすいぶん落ち着くはずです。

 

HIV検査には時期やタイミングがあります。でも不安な時は一人で抱え込まないで検査を受けてみたり、相談機関を利用するのも1つの方法です。

 

結果がわかるまでの不安は、そうとうだと思いますが、検査の結果が「陰性」なら、これからのセックスに対する意識も変わってくるのではないでしょうか。

 

検査を受ける以外、HIVに感染しているかどうかを知る方法はありません。

 

保健所では匿名・無料で検査を行なっていますし、医療機関や、郵送式の検査キットなど、検査方法はひとつではないので、あなたが一番利用しやすい方法で、まずは心の不安が解消できればと思います。

 

 

本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。
重複感染の多い3項目を検査
   HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎

タイプO(男女共通)はこちらから

HIV検査,タイミング,検査方法,ウインドウピリオド,抗原抗体検査
STD 5項目をまとめて検査でひと安心
HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌

タイプE 男性用はこちらから

タイプE 女性用はこちらから

HIV検査,タイミング,検査方法,ウインドウピリオド,抗原抗体検査

◆性病検査 STDチェッカー はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

 

信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※閲覧の多い記事です


性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?