エイズ検査(HIV検査)をどこで受けるか

病院でエイズ検査を受けるメリットデメリット

病院でエイズ検査(HIV検査)を受けるメリット

エイズ検査病院で受けるメリットは、診療時間内であればいつでもエイズ検査が受けられることです。

 

保健所での性病検査は、2週間に1度ほどしか行なわれていないので、検査を受けるタイミングが合わないことが多いのが現状。

 

保健所と違い病院でのエイズ検査有料ですが、検査以外にも不安に思うことを医師に相談できるのは大きなメリットです。

 

エイズと梅毒の併発も増加しているので、不安に思うことやたずねたい事がある場合はどんどん聞いておきましょう。

 

性病科(性感染症科)の場合、自由診療の病院が多いので、その場合は健康保険は利きませんが、匿名でエイズやその他の性病検査を受けることができます。

 

病院でエイズ検査(HIV検査)を受けるデメリット

エイズ検査を病院で受けるデメリットは検査費用が大きいこと。

 

自由診療では、検査費用が高額(だいたい1検査1万円前後)です。HIVと併せて梅毒検査を受ければ約2万円ほどと覚悟しておきましょう。

 

性病検査を受けようと思う人の多くは、家の近くの病院で検査を受けないといいます。知り合いに見られたり、変なウワサを立てられるのを恐れてしまうんですね。そのため、交通費も余分にかかります。往復なのでバカになりませんよ。

 

クレジット支払いができる病院もありますが、あらかじめ検査費用、結果がわかるまでの期間など、病院に確認して置かれることをオススメいたします。

 

関連記事
HIV第4世代抗原抗体検査
通常検査と即日検査(迅速検査)の違い
3ヶ月以内でもHIV検査を受ける意味はあるの?
判定まで行うHIV自己検査キットは大丈夫?

 

本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。
重複感染の多い3項目を検査
   HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎

タイプO(男女共通)はこちらから

病院,HIV検査,エイズ検査,エイズ相談
STD 5項目をまとめて検査でひと安心
HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌

タイプE 男性用はこちらから

タイプE 女性用はこちらから

病院,HIV検査,エイズ検査,エイズ相談

◆性病検査 STDチェッカー はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

 

信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※閲覧の多い記事です

関連ページ

保健所でHIV検査を受けるメリット
HIV検査(エイズ検査)を保健所で受ける最大のメリットは、匿名・無料で検査を受けられることです。しかし検査日は月に2回程度なので調性が必要です。
HIV検査キットの信頼性
性病検査キットには2種類あります。検体を郵送し専門機関で検査するタイプ自分で結果をまで判断するタイプ。自分で検査結果まで判断する検査キットは国に認められておらず検査結果は自己責任です。

性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?